代表 大沼保彦

Mail:oonuma@ms5.omn.ne.jp

(C)2016 Atelier Li-no 里の暮らし工房 

アトリエ

リーノ

自己紹介

 

 1957年(昭和32年2月22日)山形県川西町、中卸業を営む自営大沼食品の二男として生まれる。

 

 高校卒業(1975年)で東芝日野工場(東京都日野市)に入社し、無線通信機器の製造技術の仕事に携わる、東芝の宇宙開発事業部発足と同時に1978年10月東芝小向工場に転籍し航空宇宙防衛と産業エレクトロニクスの電源装置の開発に従事する。

 

 2001年10月NECの宇宙事業部と東芝の宇宙事業部がジョイントして人工衛星の開発製造専門のNEC東芝スペースシステム(株)が設立され、転籍となる。2007年には東芝が宇宙事業から撤退したため32年務めた東芝を定年退職しNECに再入社、NECが衛星の設計製造会社として事業を継続、人工衛星の電源装置開発を継続し担当する。子育てが一段落した40代後半から田舎に帰省することが多くなり、この里山の空気が非常に自分にあっていることを感じ始め、ふるさと山形での田舎暮らしを夢見る。

 

 田舎暮らし妄想から10年、58歳になり60歳以降の雇用延長契約をする時期になり、60以降会社に頼らず、自力で行う場合、開発能力休暇として1年の有給休暇制度がありこの制度を利用して里山生活の準備を2015年7月から開始、40年勤めた会社を6月去ることにした。東芝日野工場の同期激例会、東芝小向の同期激例会、東芝小向電源技術の激例会、生産生技時代の上司先輩同僚の激励会、そして東芝を離れて14年間お世話になったNECスペーステクノロジーの電源技術部の職場に見送られ40年お世話になった会社生活に別れを告げました。関わった皆さんの激励に感謝、感謝、涙、涙です。

 

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now